« 【小説】ドージンワークノベル 彼の愛情、彼女の欲望。 | トップページ | 【TRPG】特命転攻生 »

【TRPG】秘神大作戦

秘神大作戦【旧ブログからの転載記事です】

 2003年春発売のTRPGです。制作はエルスウェア。発売元はエンターブレイン。価格3000円。
 坂東は企画プロデュースとゲームデザインを担当しています。

 詳しい世界観やゲーム性は、こちらの公式サイトでの紹介を見ていただくとして。

 ぶっちゃけ、坂東としては大正時代を舞台にレトロでヒロイックなバトルアクションをやりたかったのです。『夢幻紳士・冒険編』とか『翡翠狂奇譚』のような。
 で、クトゥルフ神話ぽい世界観をベースにして、そこに魔術と超能力と超科学と巨大ロボとメイドと巫女をぶちこんで、ぐつぐつとごった煮……を目指したのですが。
 どうも欲張りすぎたせいか、うまく煮込みきれなかった感じで。世界観はかろうじて形になっているものの、肝心のTRPGのシステムとしては、正直ガチャガチャした、バランスとまとまりの悪い物になった気がします。ぶっちゃけ、テストプレイが足りませんでした。

 まあ、前作『特命転攻生』のときと比べて、予算と時間が限られていたなんてのは言い訳になりませんし。
 あと個人的な話をすると、この時期ちょうど公私ともに色々あって鬱になったり、エルスウェアを辞めたりしてるので、それもかなり影響してますが。ともあれ、反省点の多い作品です。

 とはいえ、世界観の方向性としては間違ってなかったと思うし、それなりに愛着のあるキャラや設定もあったり。いまだにファンだと言ってくれる人もいるので、ありがたい話です。
 あと、これをやったおかげで『クトゥルフ神話TRPG』のお仕事にも参加させてもらったという経緯もあるので、個人的には意義のある作品でした。

 本作は『特命転攻生』同様、企画当初からノベライズ版とタイアップして展開することが決まっており。ファミ通文庫から『秘神大作戦 歌う虚(うろ)』(木村航)が同時発売されました。
 これは木村氏の小説デビュー作にあたる本で、その点でも意義深い企画だったと思います。
 まあ、ゲームの方はともかく、小説版は単体でも楽しめる、大怪獣帝都にあらわる的な娯楽大作に仕上がっております。御薦め。

|

« 【小説】ドージンワークノベル 彼の愛情、彼女の欲望。 | トップページ | 【TRPG】特命転攻生 »

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204743/29151584

この記事へのトラックバック一覧です: 【TRPG】秘神大作戦:

« 【小説】ドージンワークノベル 彼の愛情、彼女の欲望。 | トップページ | 【TRPG】特命転攻生 »