« 残暑ぶりかえし | トップページ | ソレ以前、ソレ以後 »

『勇者30 超速短編集』

009  久々にゲームノベライズのお仕事をさせていただきました。(というか、前のアレはゲームノベライズといっていいのだろうか? まあいっか)
 ゲームライターで最近はノベライズなんかも手がけておられる藤浪智之さんからのお声がかりで、「書いてみませんか」と誘っていただき。二つ返事で参加させてもらいました。

 公式サイトはこちら

 

原作は、PSPで出ているRPGで、30秒(リアルタイム)で世界を救う、という超短時間勝負のゲーム。
 だもんで、小説の方でも1本30行のショート・ショートをぎっしり集めた本になっております。
 通勤通学の電車の中でパラパラめくるにはちょうどいいんじゃないかしらん。

 むろん、そんな本を1人で書き上げるのはショートの大家・星新一翁でもなきゃ無理なわけで。大勢で何本かづつ担当して書いているわけですけど、その作家陣がちょっとおもしろい。
 リンク先をみていただくとわかりますけど、細江ひろみさんを筆頭に、藤浪さんや、伊豆平成・田中桂といったアナログゲーム系のライターがたくさん参加しているのですね。ここだけ見てると、なんか小説というよりも昔懐かしい汎用TRPGのシナリオ集みたいな雰囲気です。
 まあ、ハーベスト出版さんの他のラインナップをみても、海法紀光さんや高平鳴海さんといったTRPG系ライターさんが多く参加しており、アナログゲームライターがデジタルゲームのノベライズを、という感じのレーベルのようですね。

 公式サイトでは「10月中旬発売」ということで、詳しい日程は出ていませんが、すでに順調に印刷中らしいので、遠からず書店にお目見えするでしょう。
 ほかの人がどんなの書いたのか、楽しみ、楽しみ。
 

|

« 残暑ぶりかえし | トップページ | ソレ以前、ソレ以後 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204743/31745505

この記事へのトラックバック一覧です: 『勇者30 超速短編集』:

« 残暑ぶりかえし | トップページ | ソレ以前、ソレ以後 »