« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ビーアイさんにお邪魔してきました

 本日は、福岡は西新(にしじん)にあるソフトハウス、ビーアイ・コミュニケーションズさんにお邪魔して打ち合わせ。
 次回作に関する密談をいろいろと。ええまあ。

 まあ、まだ詳しいことは秘密なんですが。有意義な話でございました。ふふっ。

 いやあ。それにしても、西新はやっぱりいいね。
 庶民的というか、下町ぽいというか。せまくてごみこごみした商店街がずうーっとどこまでも続いて、人がごちゃごちゃとひしめいてるところなんですが、東京・下北沢ほど洗練されておらず。どっちかというと中央線沿線、中野とか高円寺の感じに近い。
 それでいて物価はめちゃくちゃに安く。
 人情味があるというか、とにかく住みやすい土地です。

 西新を歩くのは20年ぶりです。
 当時は日曜日になると、西新に出かけていたもんです。
 まあ、ゲーセンとかは全部なくなってるし、パチンコ屋はせまっくるしい店ばっかりだったのが全部改装されて大規模チェーン店が進出してるし、景観はだいぶ違うんですが。
 通りにはなんとなく当時の面影が残っており。よくみると、そこかしこになじみの店もあるのですよ。
 ああ、俺のルーツはこの町「にも」あったのだなあ、とあらためて再認識してみたり。

 行きのバスの中で『乙嫁語り』を読んだせいで、むしょうに羊肉が食べたくなったので、打ち合わせの前に商店街の中ほどにある中華料理『知見館(シミカン)』へ。

 ここは中国残留孤児のおやじさんが80年代の中ほどにはじめたお店で、当時は本格満州料理をうたった中華定食屋さんでした。
 せまい店内には4人がけのテーブル席が4つと、カウンターに4席くらい。でも味は上々。塩味を主体にしたあっさり目だけどしっかり芯の通った味付けがとにかく大好きで、しかもお財布に優しいとあって、大学生の頃はしょっちゅう通いつめました。
 羊肉をニラとモヤシとで塩炒めにした「ジンギスカン定食」が当時500円くらいでねえ。あとチャーハンがとにかくうまい。麻婆豆腐もうまい。ピータンやチンタオビールの味を覚えたのもこの店でした。揚げ物を花椒塩で食べるやりかたも、ここで知ったんだよなあ。

 で、いってみたら、おやじさんはとっくに引退していたけど、店は息子さんとおぼしき人が元気にやってるじゃないですか。わーい。
 ジンギスカン、ジンギスカンと……あれれ? な、ない!?

 ジンギスカン定食がない!!

 ほかに羊肉のメニューはと探しますが、どこにもありません。むむう。
 かわりに、チャーハンと麻婆豆腐のセットメニューが山ほど並んでいます。麻婆だけで黒だの赤だの何種類もあって、チャーハンもいろいろあるので、組み合わせでかなりの数になるらしく。しかも安い! どれも500~600円で、大盛り+50円、おかず大盛り+100円。ほかの定食も500円から800円くらいで、メニュー写真をみると山盛りてんこもりになっています。
 それ以外に、W大盛りなんてものもあり。
 こ、これは……。大食い大学生仕様の店に変じたか……。まあ、近くに西南とかあるしなあ。予備校もたくさんあるし。
 いやしかし、安くてうまければ、そのへんはどっちでも。

 まあいいや、と気を取り直して「本日のおすすめ」の唐揚げ定食を注文。
 これがまた、唐揚げがでかい! げんこつくらいあるやつが4つものっかって、つけあわせのキャベツもてんこもり、それにスープと酢の物と大根キムチがついてくる。
 一口唐揚げをかじって、しばし絶句。
 ……う、うまい。うますぎる。なんだ、この衣。
 サクサクと口の中でくずれるふんわりした衣の食感は、まさに脆(ツォイ)そのもの。
 あじつけがまた、たまらん。なんだこの香り。醤油や五香粉だけじゃないぞ。ううむ、深い。
 あっというまにガツガツ平らげてしまい。

 ああ、なんて素敵な町、西新。
 またこよっと。
 とりあえずビーアイさんにいく理由つくれば、いつでもいけるね!

| | コメント (1)

すっかり夏でございますな。

 夜中はさすがに冷えるけど、日中から夕方にかけては本格的に夏。
 暑い、暑い。
 これで梅雨入りしたらしたで、湿気が急上昇するんだろうなあ。

▼『空母決戦』の書籍のお仕事が縁で、ついにゲーム本編にもかかわれることになりました。やほーい。
 次回の新規データとして発表される、仮想シナリオの1本を書かせていただきました。

 史実の「ろ号作戦」を元にしたやつで、もし小沢提督の意見がいれられて、空母艦載機のラバウル陸揚げ使用が中止され、「あ号作戦」も中止されていたら、昭和18年11月の米軍によるブーゲンビル島上陸作戦はどうなっていたか、というもの。
 結果、史実どおりにラバウルを空襲するため、サラトガやエセックス、バンカーヒルなんかが進出してくるのを、翔鶴、瑞鶴、隼鷹、飛鷹などで迎え撃つという感じに。
 千歳と千代田も出したかったんですが、千歳はともかく千代田はまだ内地で改装中のはずなので、両方とも艦載機の訓練中で未参加ということにしてみました。
 この時期ってどうも山本五十六戦死の直後のせいで公式記録が混乱しているらしく、使える資料が少なくて弱りました。米軍側はわりと史実に忠実なので、英語サイトをまわりまくってなんとかしましたが、日本軍のデータがなかなか見つからず。まあ、なんとか見つけましたが。

 史実だとエセックス級空母と日本空母が対決するのはマリアナ沖海戦まで待たねばならんわけで、すでに戦力差がつきすぎてマトモな勝負になりません。
 でも昭和18年末くらいだと、まだかろうじて正面対決が挑める状況なわけで、日本空母がエセックス級を相手に奮戦することも充分可能という感じです。まあ、むろんF6Fには手こずると思いますが。それどころかコルセアやライトニングもいたりするし。ガクブル。

 それにしても念願の空母戦シミュレーションゲームのお仕事にかかわれて、大層幸せであります。今年は戦国時代のゲームもやらせていただいたし、いうことない感じです。
 このぶんだと、ルネサンスイタリアとか30年戦争とかガリア戦記とかのお仕事もそのうちやらせてもらえるかしら。かしら。(さすがに無理だと思います)

▼ハードディスクのサルベージもすんだので、『特命転攻生セカンドシーズン』の作業に着手。
 ルールまわりはおおまかにできてるんですよね。まだテストしてないので、うまく動くかどうかわかんないんですが。
 あとは秘技データの整理をガリガリ進めていけばいいのですが、いかんせん作業時間がなかなかとれない。
 でもまあ、やるやる詐欺になってもアレなので、とりあえず7月の折尾TRPGコンベンションでα版のテストをやるぞ宣言をしておきました。そこまでになんとかデータをまとめような、俺。

▼その勢いで新作TRPGの企画も進めなくてはなのですが、こちらもなかなか進まず。
 むーん。なんとかせねば。

▼そうこうするうちに、別件で19世紀ヨーロッパを舞台にしたゲームのお仕事の話が舞い込んでまいりました。
 どうも今年は歴史ゲームづいてる感じ。
 まあ、坂東がナニをするかを含めて、まだ詳しいことは決まってないようなんですけどね。

▼ラノベ作家の看板は、しばらく休止中。
 とくにネタもないしなあ。
 いや、実はないこともないんだけど、まだかっちりまとまってないので、誰かにプロットを見せる段階ですらなく。
 こういうとき、ネタの相談ができる人が近くにいるといいよな。東京にいたときは、そういうのに困らなかったんだけどなあ。

▼もういっちょ。
 水面下で、アダルト美少女ゲームのシナリオ企画が進行中。
 今回はイチから自由にやらせていただけるようで、はりきっております。
 ネタはおそらく伝奇ぽいものになる予定。
 たぶん完成は来春あたりでしょう。

▼パチンコ、収支があんまりよくありません。
 いやまあ、ハデに負けてはいないんですが。
 いつもだと、GWで渋かったぶん、そろそろ「種まき」に勝たせてくれるはずなんですが。まあ、パチ屋も不景気だし。目に見えて客が少ないしね。

 平和の「パチンコだよ!ピーナッツ」が予想どおりおもしろかったですが、それくらいですかね。やっぱ、平和の台はどれも性に合うというか、安心して打てます。
 欲をいえば、「ピーナッツ」の甘デジタイプが打ちたいんですが、このへんにはそもそもミドルタイプですら1件しか設置してないんですよね。しかもバスで20分くらいいかないと打てない。
 「舞HiME」の甘デジも打ってみたいんですが、これもどこにも設置されておらず。まあ、スペックが中途半端なので、勝ちにいく台でもなさそうですが。「ナデシコ」の甘もちょっと変則的で辛いので手が出せないし。
 当分は「エヴァ」甘と「サイボーグ009」甘でしのぐしかなさそうですが、さていつまで設置されているものやら。

| | コメント (4)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »