« 2011年 謹賀新年 | トップページ | 初夢 »

てなわけで、松の内もすぎまして。

 今年は公私共に明るいニュースが増えるといいな。

▼新春・家族でボードゲーム大会。
・ミットナイトパーティ……5回やって甥っ子の勝ち
・トランスアメリカ……甥っ子の圧勝
・カルカソンヌ……甥っ子の辛勝
・カタン……甥っ子の圧勝

 ・゚・(つД`)・゚・ ナンデヤ

▼『狗哭』 公式サイト、こっそり更新されています。
 まだキャラは半分も出てませんけどね。
 まあ、おいおい明らかになっていくでしょう。

 で、2ちゃんなんかでは「まさかの妹ゲー?」みたいな反応も出てるようですが、なるほどなー。確かに、今出てるキャラの範囲だと妹ゲーだわい。いやま、それはそれで合ってますよ。合ってますとも。このゲームはある意味、妹ゲーであります。
 むろん、ただの妹ゲーじゃないのは言うまでもありませんけど。
 おっと。あんまり書くと怒られちゃいそうなので、このへんで。

▼で、『狗哭』がらみで検索かけてたら、中国語のエロゲ掲示板らしきところで、

「これって、ク・リトルのこいぬルート書いてた人だよね? 割と好みなんで期待」(細かい訳は違ってるかも)

 とか書かれて、どびっくり。

 いやあ。中国おたく、あなどりがたし。(ひょっとしたら台湾あたりの人かもですが)

▼「陵辱ゲーばっかりで書くの飽きたよう」とか言ってたら、泣きゲーのお仕事がきてみたり。しかも、わりかしメジャータイトルな予感。

 いいんですかね。坂東に泣きゲーなんか書かして。いやま、書いたことないわけじゃないんですが。とりあえず、変な方向に行かない範囲でがんがります。

▼サイフォンさんのPC-SLG最新作は、なんと源平争乱~将軍への道~
 源平テーマのゲームは、確かかなり前にコーエーから出て以来、ものすごく久しぶりなのではありますまいか。しかも単純な陣取りゲーではなく、合戦を繰り返しつつも、自分に賛同してくれる勢力を作り上げていく外交性の高いゲームだとか。
 こちらの社長さんは、かねてより思い入れのあるボードゲームとして『SS太平記』を挙げているくらいなので、いつかはこういうのやってくれると思ってましたが。それにしても南北朝を飛び越えて、源平とは。まさに想像の斜め上。
 ともあれ、戦国でも幕末でもない日本史テーマのゲームが出るのは、大変喜ばしいことです。応援してますよ! ついでに仕事ください!w
 あと、この勢いで、ルネサンスイタリアや英仏百年戦争のゲームもぜひ!(無理)

▼前回更新の「去年の私的10大ニュース」。
 去年1年間でやるやると言っててできなかったことをいくつか書いたら、さるイラストレーターさんから「そういうこと書くのは後悔日記になるのでよくない」と怒られました。
 そらそうですね。読んでるみなさんも、あまり気持ちのいいものではなかろうし。
 つうわけで、今年はより前向きな話題を提供してまいりたいと思います。

▼パチンコ方面の話題。
 今年は『ツインエンジェル』『RIO』など、パチ発信コンテンツのアニメ化が流行りそうな雰囲気ですね。
 いやま、これまでにも『吉宗』とか『海物語』とかあったわけですが。正直、アレな反応で、あまり話題にもならなかった感じで。
 今回、これが定着すると、ラノベ原作アニメや、萌え四コマ原作アニメに加えて新たな潮流になるかも知れないわけで。これはこれで楽しみであります。
 つか、『ハーレムエース』『新お天気スタジオ』がもう好きで好きで。さいとうあつしキャラ作品、もっとメジャーになってほしい!

▼それはそれとして、ようやく大仕事も終わったことだし、『エヴァ福ライト』でも打ちにいくべえかと思ったら、近所のホールにはどこにもない!
 まあなあ。『使徒再びライト』がまだまだ高稼働なのに、ライトタイプとはいえ、あの世紀の駄ッ作機『エヴァ福』を導入する理由はないよなあ。とはいえ、マリも出てることだし、ライトなら打ってもいいかにゃーとか思っていただけに、ちょっとショック。
 かといって、今って打ち時の甘デジ台ってなかなかないんですよね。甘『ゴジラ』もこのへん、導入しなかったし。甘『ゴルゴ13』とか甘『おりん』とか、死にそうな激辛スペックの台しか入ってなくて。
 やはり『使徒再びライト』と甘『009』でしのぐしかないのか。とはいえ、そろそろそのへんのシマも死臭がただよいはじめていて、わし以外打ってる人いなかったりするんだけど。
 なんか進歩ないなあ。
 勝ちにいかなくていいのなら、1円パチンコの店で『新お天気スタジオ』でもまーったり打つんですけどね。いちお、これでも収支+をキープしたいので、そういうわけにもいかず。

 困ったものだ。

|

« 2011年 謹賀新年 | トップページ | 初夢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年 謹賀新年 | トップページ | 初夢 »