« てなわけで、松の内もすぎまして。 | トップページ | 八幡三ヶ森 うどん『満月』 »

初夢

◆初夢俺ルール:
 その年、初めて見た夢を初夢とする。

 さて。その夕べ見た夢ですが。

 巨乳で紅眼鏡、白ブラウスにネクタイ、プリーツのギンガムのミニスカート、黒ニーハイの女の子が、
「耳掃除してあげるよ! はい、横になって!」
 と、縁側で正座した膝をポンポンやるので、おとなしくそれに従う。
 逆らう理由はもちろんない。
 すると、たちまち高空から、黄金に輝く猛禽(鷹だか鷲だか隼だか鳶だかようわからん)が、ギュウウウンとこっち目掛けて急降下してくる。
 でかい。かなりでかい。翼のさしわたし、5~6mはある。上に乗って飛べそうなくらい。
 うわっと思う間に、猛禽はわしに衝突する。閃光。どうやらわしと黄金猛禽は合体して一つの存在と化したらしい。

 ……そこで目が覚めました。

 なんですか。

 これはわしに、コンドールマンになれという川内康範先生の啓示ですか。
 それとも軍船を率いて瀬戸内海を渡り、熊野から攻め上って、大和纏向に王朝を打ち立てて初代天皇になれとの指令ですか。

 まあ、なんだか知らないけど、めでたい気がするのでよし。

 でも、スモッグトンやゼニクレイジーと戦うのは嫌だな。

|

« てなわけで、松の内もすぎまして。 | トップページ | 八幡三ヶ森 うどん『満月』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« てなわけで、松の内もすぎまして。 | トップページ | 八幡三ヶ森 うどん『満月』 »