« 「SLG100の質問」への回答 | トップページ | 被災地の皆様へ、お悔やみと励ましの言葉を申し上げます »

狗哭、体験版公開

 体験版は、『狗哭』公式サイトからダウンロードできます。
 あ、もちろん18歳未満は見ちゃダメよ?

▼前回の「百問」を見るにつれ、ああ、俺って堕落ゲーマーだなあ、と思うなど。
 もっとゲームしなくちゃ。

 でもなんかこう、対人ゲームをする気力がわいてこないんですよね。いやま、やってみりゃー、どってことないのかもですが。セッティングが一番面倒くさい。
 そう考えると、東京にいたときは、すごく気軽にメンツ集めてパパッとゲームできる環境だったので、いまにして思うに恵まれていたなあ、と。

▼各方面の識者から、いろいろと業界事情を聞かせてもらったり。

 想像していたことですが、どこも大変だなあ……。

 ユーザーさんからしてみれば、どこぞの副都知事さんみたく、
「傑作なら生き残れる。四の五のいわずに傑作を作ればいい」
 とか思うかも知れませんが。
 質は常に量の中にしかない以上、傑作を産みだす為には、その踏み台となる凡百の作品が生まれる土壌が必要であり。
 今はその土壌が一斉に枯れようとしている感じがします。
 このままいくと、資金力のある超大手と、潰れても痛くない超零細(ぶっちゃけインディーズ)の両極端しか残らないんじゃないかな。どこの業界も。

 まあ、弱音をはいてばかりもいられないので、仕事やらせてもらえるうちは、まだまだがんがりますけど。

▼『狗哭』本編の作業は実は去年のうちに終了してまして。
 今年に入ってからは、別件のエロゲシナリオをやっておりました。
 サブライターですけど、一応名前をクレジットしていただけるようなので、発売日が近づいたらまた、こっちでもタイトル公表します。

 つか、単体でもメインはれるライターさんがたくさんサブとして参加している、ビッグタイトルのリメイク作品だったので、内心緊張しました。なんかもう、呼んでいただけただけで嬉しいや、みたいな。
 とはいえ、泣きゲーというか、そっちに分類される作品なので、「坂東なんかが書いてええんかいな」みたいな感じでして。しかも非エロシーンのみ担当。ホントにいいのか?
 自分では手ごたえを感じるいい仕事ができたつもりなので、完成が楽しみです。

▼そんで、それも無事に終わって、今はまたまた別件のテキストやってます。
 こっちは3000円くらいの廉価版エロゲらしく。しかもプロットは伊藤ヒロ氏。『ク・リトル・リトル』以来のコンビですね。
 徹頭徹尾、直球のエロエロなので、肩の力を抜いてやっております。
 こちらも春にはお目見えできるのではないでしょうか。

▼そんなこんなで、今年はTRPGのお仕事に本腰をいれたいという野望はあるものの、ぜんぜん実現できていません。
 D&D(旧版)のオンラインセッションは再開しましたけどね。
 クトゥルフ関係も、ぼつぼつやらないとなあ。

▼パチンコ、ほとんどやってません。
 『新海・アグネスラム』の甘デジを丸1日12時間打ったけど、収支がピッタリ0円だったり。激しく徒労。

 状況的に、いまはパチンコの規制がきつくて、おもしろい台が出せなくて。代わりにスロットが活況を取り戻しつつありますね。店と機種さえ間違わなければ、スロットの方が勝てるかも知れない。
 でもスロットのゲーム性はさらに複雑になってるので、勉強するのが大変で。『ハーレムエース2』みたいなシンプルな台ばっかりならいいんですが、そういうのは設定に忠実に出ちゃうので、早々に客も飛んじゃいますしねえ。

 でも、これから出る機種としては『アクエリオン』や『うる星』など、スペック的に遊びやすそうなものが多く。ちょっと楽しみではあります。
 『修羅雪姫』は……どうなんだアレ。まあ、あんまり導入されなさそうな気配だしなあ。釈ちゃんの方だったら、ご祝儀で遠くまで打ちに行くんだけどなあ。違うしなあ。

|

« 「SLG100の質問」への回答 | トップページ | 被災地の皆様へ、お悔やみと励ましの言葉を申し上げます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「SLG100の質問」への回答 | トップページ | 被災地の皆様へ、お悔やみと励ましの言葉を申し上げます »