« 葉桜忍法帖 | トップページ | アイスうめー »

新緑に風薫る

 1年で一番好きな季節。ちなみに2番は11月。

 現在、エロゲ仕事で超絶修羅場中なのですが、書くべきこともたまってきたので、駆け足で。

▼正月頃にやってたエロゲ、きちんと発売されたようです。
 助っ人で緊急に駆りだされたので、とりあえず間に合ってよかった。

▼で、その後引き受けたやつにとっつかまっています。とはいえこれも今月中に終わるはずなんですが。

▼TRPG方面。
 久方ぶりに「アーカム計画」にクトゥルフの記事を書かせていただいた『Role&Roll』92号、本日あたり発売されております。

 今回はダイスをふってチャートを参照しながらシナリオを作っていく、いわゆるシナリオグラムを掲載しました。
 昔のRPGの記事によくついてたアレですね。

 ホントは魔道書や怪物、クトゥルフ的アーティファクトの一覧表もつけたかったんですが、紙幅の都合で割愛しました。お手持ちの書籍をみて勝手に選んでくださいという、投げやりな形式です。
 でもまあ、アイディアというか、シナリオのとっかかりが浮かばなくて苦労している人には、便利なんじゃないでしょうか。

▼その後、93号をはさんで、94号にも書かせていただくことになりました。
 こちらもよろしくです。

▼大分中津イフコン&佐賀イフコン+ドラゴンアイズ、参加してまいりました。
 F.E.A.R.の中島社長とごいっしょに、楽しい時間をすごしてきましたよ。

 前夜祭のバーベキューで炭火で肉を焼きまくっていたところ、あまりにも風景になじんでいたせいか、参加者の方からゲストと認識されない事案が発生するなど。まあ、いつものことですね。
 もちろん肉はおいしゅうございました。
 スペアリブのコーラ煮はいいね! 今度うちでもやろっと。

 ちなみに、前夜祭で使用したいつものコテージ。
Ca3i00080002_2

 湖畔の眺めがステキ。
Ca3i00090001_2

 キャンプ場の守護神・いぬくん(名前しらず)も元気。
Ca3i00130001_2

 ゲームは、前夜祭でバンダイの歴史ボードゲーム『新撰組』、中津と佐賀が『クトゥルフ神話TRPG』 です。

 『新撰組』は、参加者の一人がやってみたくて仕方がなかったとのことで(浅黄の新撰組陣羽織まで用意されてきたんですよ!)、イベント主催者のようさんと中島社長も含めた4人でプレイ。
 さんざん酔っ払った挙句のゲームだったので、いろいろと迷走してましたが、いつものごとく京都には敵味方あわせた死体の山が築かれました。

 中津の『クトゥルフ』は、前日に思いついたばかりのネタでプレイしたのですが、さすがにシナリオの練りこみが足らず、いろいろと芳しくない結果に。一応、今回はテストプレイだとアナウンスはしてあったのですが、参加者のみなさんにはご迷惑おかけしました。

 で、シナリオの問題点はあらかた洗い出せたのですが、一晩でなおせるもんでもなかったので、翌日の佐賀では別のシナリオ(2010収録の『奇妙な共闘』)をプレイ。こちらはクトゥルフ初心者の方もそれなりにいたのですが、うまいこと回せて楽しんでいただけたようです。
 「不定の狂気」1名と、被害も少なめ。

 参加されたみなさん、ありがとうございました。

▼いまさらながらに、ちょっち前のアニメを鑑賞するシリーズ。
 ようやく『舞HiME』見終わりました。

 ちょっとばかり脚本の細かいところで気になる箇所はあるものの(真白様が結局何者なのかとか、ラストで使った大技の正体というかカラクリがなんなのか見ていてさっぱりわからんところとか、大災厄ってどうなったのよ、とか)、もっていきかたが好きなので、全体として大変好印象。最後まで楽しく拝見しました。
 つうか、後半あれだけ凄惨な話を展開しといて、まさかのハッピーエンド! かなり超展開でねじふせてはいるものの、これをアリにしてしまうところに、『舞HiME』という作品のパワーを感じずにはいられないというか。いかにも『舞HiME』らしいというか。いろいろ勉強になりました。

 キャラは、そうですなあ、麻衣様が演じておられる主人公はもちろん別格として、実は結城奈緒ちゃんがたまらん。見る前には、「わし的には玖我なつきあたりにハマるんだろうなあ」と思っていたのが、実はそうでもなかったので自分でも意外というか。
 まあでも、なつき的なストレートなはすっぱ少女とちがって、奈緒ちゃん的なキャラってちょっと珍しいよね。とくにこういう、萌えアニメを標榜している作品(いや、ちっとも萌えアニメのフォーマットじゃないですけど)では。そういう新鮮さもあるのかも。とか思ってみていたら、ちゃんと「おまえと私は似ているんだ」をやってくれたので、言うことないっす。
 あと宗像詩穂。詩穂ちゃん、なんにも悪いことしてないのにあの扱い。ひでえ。つうか、全部、楯が悪くね?
 あ、珠洲城遥は惚れた。常に正しいと思ったことを真正面から堂々と。すがすがしい。あれは惚れるだろ。
 や、もちろん静留お姉さまも好きなのよ? 嫌いになりようがないでしょうが。別に百合展開なくたって、一言一言含みありまくりの京女ってだけでもう。欲を言えば、なつきに傾倒していく過程を回想シーンでいいからじっくりやってほしかった。

 ……って、結局キライなキャラがいないってところが、この作品の一番凄いところなのかも。
 どのキャラもきちんと地に足がついているし。行動に納得がいく。背景のドラマをよく練りこんでありますよね。一見するとステロな感じのキャラ配置なんだけど、どのキャラも使い捨てにしてないというか。あんだけキャラがいるのに、これは凄いことだと思った。

 とりあえず「はい~!?」と「カグツチー!!」がもう聞けないのかと思うと、さびしいものです。

▼6月にちょこっと上京します。
 久しぶりに会うみなさんと、ごはん食べたりカラオケしたりする予定。

 はやいとこお金ためて、また東京に住もうと考えているので、今回はそのとっかかりというか。なんかそうんな感じ。

▼バチンコ。収支壊滅。この1ヵ月、信じられないくらい負けまくっています。
 GW営業中に手を出したのも敗因のひとつですが、やっぱり全国的に渋いみたいですね。警察による締め上げがさらに強化されたので。まあ、業界にはなんにもよくなっていく材料がないので、今後もこの傾向は加速するんでしょうけど。

 とりあえず月末の『ウルトラマンタロウ』と『コンバトラーV』は期待するしか。どっちの導入も多いだろうし、どの店も気合いれてくるでしょうしね。
 つっても、負けすぎたので、打てるのはだいぶ先になりそうですが。しょぼしょぼ。

|

« 葉桜忍法帖 | トップページ | アイスうめー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葉桜忍法帖 | トップページ | アイスうめー »