« 2013年6月 | トップページ

2016年1月

東京再進出!

 みなさま、明けましておめでとうございます。

 このブログも長いことほったらかしで、まことにあいすみません。
 でまあ、ぼちぼち再開したいと思っております。

 それでは、昨年の個人的ニュースなどいくつか。

●東京に引っ越しました。

 2015年7月に東京中野へお引越し。

 このあたりは、昔ながらの住宅街で、閑静で物価も安く、暮らしやすいことこの上なし。
 しかも新築物件なのに家賃は破格という、大変恵まれた住環境でございます。

 これで、隣の大学生が毎週末友達連れてきて大騒ぎさえしなければ、何も言うことは……。
 まあ、それくらいは我慢すべきか。


●美少女ライトノベル、3冊目出ました。

 えちかわ文庫さんから、
 ときて、2015年5月に3冊目にあたる
 が発売されました
 実はこれで、えちかわ文庫さんでの展開はいったん休止という形に。
 まあ、いろいろ大人の事情があるのだ。察してくれたまえ。


●クトゥルフ神話TRPGリプレイ、出ました。

 ファミ通文庫さんから、2015年5月に
クトゥルフ神話TRPG VS いい大人達 リプレイ 生放送で邪神召喚! 
 が発売されました。
 久方ぶりのファミ通文庫であります。

 内容は、ニコニコ動画などで大活躍中の人気ゲーム実況者(いろんなゲームを実際に遊んで見せて、その様子をネットで実況する人)グループ「いい大人達」さんによるクトゥルフ神話TRPGのセッションの模様を、リプレイにしたもの。
 「いい大人達」さんは、とにかくキーパーからプレイヤーにいたるまで全員がこのゲームの初心者。それどころかTRPGすら初めてというメンバーたち。
 そんな彼らが、一生懸命「初めてのTRPG」をがんばってプレイする様子をつづったものです。

 ゲームルールのお手本になるリプレイ、物語として読んでおもしろいリプレイというのとはまるで違いますが、「ああ、TRPGをはじめた頃は自分もこんなんだったなあ」と温かい気持ちで見守りたくなる、そんな本を目指しました。

●幕末クトゥルフ、クトゥルフ2015、出ました。

 クトゥルフ神話TRPGサプリメント「クトゥルフ・フラグメント」は、1920年代と50年代アメリカ、古代ギリシャなどさまざまな時代でクトゥルフをプレイするためのシナリオ集ですが、猫の探索者が作れる「キャットゥルフ」と、幕末でプレイするためのルール・データ集「幕末異聞」が収録されています。
 この「幕末異聞」が坂東の担当ですが、「比叡山炎上」であつかう戦国時代よりはかなり近・現代に寄せた時代ということで、刀や銃はふりまわせるものの、シティアドベンチャーが中心のちょっと独特な展開になります。
 幕末と称していますが、江戸時代なら大体はカバーできますので、時代劇っぽいストーリー展開を楽しむことも可能です。
 松下村塾に題材をとったシナリオ「黒き婚礼の夜」が付属しているほか、『ロール&ロール』誌で、新撰組ネタの「そは攘夷の名のもとに」、坂本龍馬ネタの「陰謀の終焉」の2本のシナリオを掲載していただきましたので、とりあえずしばらくは遊べると思います。
 これらのシナリオは、単体でプレイすることも可能ですし、連結してキャンペーンとして楽しむこともできます。

 「クトゥルフ2015」の方は、待望の現代日本ソースブックです。
 「クトゥルフ2010」の単純な版上げではなく、内容的には「2010」にさらに追加・拡張している形です。ので、「2010」をまだもってない人は、いきなり「2015」を購入するのはあまりお薦めではありません。
 逆に、「2010」の内容をやり倒して、そろそろ飽きがきたというベテランのキーパー、プレイヤーにはもってこいの内容ですね。
 内容的には、キーパー向けのさまざまな解説記事や、シナリオやデータの作成支援ツール、探索者のバリエーション(職業や特徴)を増やすためのさまざまなデータや提案などが中心です。
 シナリオは「ガシャン!」「虚像の悪夢」「祭りの終わり」に加えて、パラグラフ形式のソロシナリオ「亡霊の樹」を掲載。とくにこのソロシナリオは、キーパーのセッション中の演出の参考例としてもありがたいはず。もちろん、初心者を引き込むのにも便利ですね!


●セガネットワークス『戦の海賊』シナリオ参加

 セガさんのスマホゲーム「戦の海賊」にて、サブシナリオの一部を担当させていただいてます。
 具体的にどの個所をやってるのかは言えないのですが、毎月ストーリーがどんどん更新されていく物語性の強いゲームであり、同時に爽快感たっぷりの帆船バトルが楽しめるタイトルになっています。



 そんなこんなで、今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ