北九州B級グルメ

八幡三ヶ森 うどん『満月』

 福岡は元来、うどんの国である。

 豚骨ラーメンが全国区になって以来、ラーメンの方が有名になってしまったけど、それ以前には方々にうどん屋があふれかえっていたらしい。
 よく博多弁の特徴を表すのに、「かろのうろんや(角のうどん屋)」という言い回しが引き合いに出されるけども、それくらいうどんは愛されてきた。
 だいたい豚骨スープにしてからが、うどん王国たる福岡では新参のラーメンという食べ物に誰も見向きもせず、困り果てたラーメン屋さんが、なんとかして博多っ子のハートをつかめるパンチのある味を、ということで生み出した苦肉の発明だったりするのだ。そのくらい、みんなうどんが好き。逆にそば屋は、ほとんど見かけない。

 筑前の伝統的なうどんというのは、あったかい汁かけうどんだ。
 ダシは昆布ベースに、鰹節やいりこなどの魚系のダシをあわせた、醤油味のあまりしない、塩の強い澄んだもの。ようするに大阪うどんの系列である。
 具は、丸天(薩摩揚げの円形のやつ)か、ごぼ天(ささがきごぼうの掻き揚げ)、甘辛く煮締めたカシワ(鶏肉)あたりがポピュラー。「かやくうどん」といえば、かまぼこにトロロ昆布、たまに甘辛いお揚げが少し入っている。関東のように生卵をいれて月見にすることは滅多にない。

 ちょっと難点なのが麺だ。

 昔からの筑前うどんというのは、極太の麺を、箸ではつかめないくらい(いや、正確にはつかめなくはないんだけど、慣れないと苦労するレベル)にクタクタに茹でたやつを出す。これはこれで郷愁をそそる食感なのだが、讃岐うどんなんかを食べなれた口には、やはり茹ですぎ、柔らかすぎという感じ。
 うちの親父なんかは逆に、麺というのはこんなもんだと思い込んでいるから、たまに家で乾麺のうどんを茹でてやったりすると、どんなに柔らかくしてやっても「硬い」と文句をいう。別に歯が悪いんじゃなくて、麺に関してだけそうなのだ。いわんやアルデンテのパスタなんか「硬すぎて食えたもんじゃない」「なんでおまえはいつも、麺が茹でたりんのか」とぶつぶつ言う。
 まあ、それはともかく。
 地の人間がこんな調子だから、福岡の店で出てくるうどんてのは大抵、麺がクタクタか、『牧のうどん』みたくデフォルトだとホントに茹でたりないような硬いのをもってくる(茹で加減を注文できる)か、両極端である。

 ところが近頃は、そうでもなくなってきた。
 ほどよい感触の、もっちりした歯ごたえがあり、なおかつ優しい柔らかさを併せ持つ麺を食わせるうどん屋が、増えてきたようなのだ。
 おそらく讃岐など、よそのうどんをいろいろ食べ歩き、しっかり研究した店主が、なおかつ地元の舌にあうように工夫したと思われる。そういう旨いうどん屋がいくつもできて、うどん好きには大層うれしい状況である。

 ――さて、マクラが長くなった。

 『満月』である。

 家から歩いて数分のご近所にあるこの店は、ちょっと立地が判り難くて、今まですぐそばをしょっちゅう通りながらも、なんとなくスルーしてしまっていた。
 なんかの折に、ブラッと入ってみて驚いた。
 お客がみんな、ずるずるうまそうにかっこんでいる、その丼である。
 まるで華開いたかのように、丼からはみでんばかりに広がったそれが、ごぼ天であることに気づくまでに、しばし時間がかかった。

 だって、こうだぜ?

110118_14210001_2

 携帯の写真だと大きさが判りにくいと思うけど、丼のふちがほとんど見えないくらいなのが見て取れるはず。

 だからといって、近年のメガ盛りブームに迎合したような、ただデカくてボリュウムだけのシロモノではない。
 サクサクした食感、直後に舌でとろける味わい。衣の具合が絶妙だ。ごくごく薄く衣をまとうように作られている。
 続いて、繊細に薄くささがきにされたごぼうの、ほこほこした土うまさが口に広がる。
 もちろん、麺はつややかで、しっとり優しく、もっちり弾力。腰が強い、というよりは、適度に腰を持ちながらも柔軟性豊富で伸びやかといおうか。ほんとに「伸びる麺」なのである。
 このあたり己の文才の限界を感じてしまうが、ともあれうまい。すすりこむごとに官能的な喜びに満たされる。これこれ、これが食いたかった! と思わせる、うどん好きのためのうどん麺だ。このあたりには珍しい細麺なのも、うれしい。
 ダシも申し分ない。麺だけうまくて、ダシが化学調味料の味しかしない店もよくあるけど、ここに限ってはそういうことはない。
 これだけでかい天麩羅なのに、食べ終わってももたれることがない。衣が薄いせいだろう。

 ただ、あえて難癖をつけるとすれば、なんといってもこれだけでかいので、ごぼ天を片付け終わる頃には丼が天カスの海になってしまうことか。おかげで、最後の汁を飲み干そうとする瞬間、ちょっと躊躇する。
 でも、決して不快なほどではないし、第一これだけうまい天麩羅うどんを食った充実感の前には、なんともささいな問題でしかない。
 食卓には七味のほかに、粉末ゆず胡椒なんかもおいてあり、味の変化も楽しめる。心憎い。

 で、これで480円。
 エッと思うかも知れないが、本当の話。
 ごぼ天だけじゃなく、このお店では何を食べても、だいたいこんなものだ。冷やしぶっかけでも680円。
 カツ丼セットなんかもあるけど、たしか700円かそこらだったはず。

 こんな調子だから、こじんまりとした店内はいつも満員で、お昼時には入り口で待たされることもあるのだけど、回転が速いので長時間待つことはない。第一、ここならわざわざ並んでもいいやと思う。実際、すんごい遠くから電車を乗り継いで食べに来る人も多いらしい。


 店主さんの公式ブログはこちら

| | コメント (0)